どうしてニキビが出来るの?

10代の肌トラブルで最も多いのが「ニキビ」です。どうしてニキビが出来てしまうのでしょう。まずはその原因から探っていきます。

10代半ば〜後半頃に出来るニキビを一般的には「思春期ニキビ」と呼びます。思春期ニキビが出来ることに最も大きく影響するのが「ホルモンバランス」です。10代半ば〜後半は、男性も女性も体が子供から大人へと大きく変化する時期です。そのため、自覚症状が無いにしても、体の中では大きな変化に伴いホルモンバランスが上手く保てなくなり乱れてしまうのです。このことは誰でも経験することです。
ホルモンバランスが乱れることで体に現れる症状はいくつかありますが、その中の一つに「皮脂の過剰分泌」があります。皮脂が普通以上に分泌することで、毛穴を詰まらせニキビが出来やすくなってしまうのです。
もう1つ、思春期ニキビの原因に「間違ったケア」があります。ニキビが出来てしまうと誰でも早く治したいですよね。焦る気持ちから、ゴシゴシ力を入れて洗顔をしてしまったり、皮脂を抑えようとさっぱりした化粧水ばかり使ったりしてしまってはいませんか?間違ったケアはニキビを治すどころかさらに悪化させてしまいます。またニキビが治ったとしても、頑固なニキビ跡になってしまうこともあります。思春期ニキビは、正しいケアを行えば必ずキレイな肌に戻ります。焦らずにゆっくりとケアしてあげましょう。

おすすめのサイト

http://xn--e---uj4byfyb9816abw6e.net/・・・意外と人にみられている背中ニキビ。背中がキレイだと洋服や水着ももっと素敵に着こなせますよね。しっかりケアしてニキビのないキレイな背中へ。

お役立ちサイト

新着情報