白ニキビは優しく洗おう

ニキビにも段階があります。毛穴の表面が盛り上がって白い角栓が見え始めた状態が「白ニキビ」です。ニキビの最初の段階です。角栓で詰まってしまった毛穴の中ではアクネ菌というニキビ菌がどんどん繁殖していきます。
アクネ菌が増えて、白い角栓が菌の影響で酸化し黒ずんでくると「黒ニキビ」になります。
さらに、進行し毛穴内で炎症が始まると痛みを伴う「赤ニキビ」になります。
炎症により毛穴の組織が壊れて死滅し膿になった状態をニキビの最終段階である「黄ニキビ」と言います。
黄ニキビは周りの組織を破壊してしまっているので治ったとしてもクレーターのような「ニキビ跡」を残してしまうことがあります。

ニキビケアはこれらのニキビの段階によって変わってきます。まずは、自分のニキビの状態を把握して下さい。まずはそこから始めましょう。ニキビの最初の段階である白ニキビの状態の時は、あまり気にしない人も多いですね。しかし、この時点でしっかりケアしておくことが今後症状がひどくならないためには大切です。白ニキビの段階では正しい洗顔で十分に治ります。ゴシゴシ洗うのではなく、たっぷり泡を立てた洗顔料で優しく洗います。泡が毛穴の汚れを浮き上がらせます。1日や2日では治りませんが、続けることでだんだん状態が良くなります。ポイントとしてお湯で洗い流すと皮脂が余分に取れてしまうので、お水で洗い流すようにして下さい。
黒ニキビもまだ炎症を起こしていない状態なので、正しい洗顔方法で治すことが出来ます。