赤ニキビにはビタミンC

赤ニキビになってしまうと、見た目にも目立ち始めだんだん気になり出します。髪の毛で隠したくもなりますが、髪の毛には結構雑菌が付いているのであまり良くない行為です。また、潰してしまうのもさらに雑菌を入り込ませてしまうので絶対にやらないようにして下さい。
毛穴内の炎症が始まってしまった赤ニキビの段階で最も大切なケアは「炎症を抑える」ことです。炎症は、ニキビのもとであるアクネ菌の繁殖を抑えることと、炎症を促している活性酸素を除去することで抑えられます。そのために必要なのが「ビタミンC」です。ビタミンCを含む食べ物やサプリメントを摂ると良いでしょう。さらに肌に直接働きかける化粧水もビタミンCを多く配合したものを使うと効果的だとされています。しかし、どんな化粧水でも良いと言う訳ではありません。赤ニキビは白ニキビや黒ニキビよりもダメージを受けやすいので、刺激の強すぎるビタミンC誘導体化粧水はさらに肌を痛めてしまう危険があります。
化粧水を選ぶ時は成分表を良く見て、水溶性ビタミンC誘導体配合と記載されているものではなく、「油溶性ビタミンC誘導体」かもしくは「新型ビタミンC誘導体(APPS)」配合と記載されているものを選ぶことがポイントです。